東北建設業協会連合会

東北建設業青年会

目的

本会は、第1条に規定する各県青年会(部)会員相互の親睦と課題の情報交換の場として、常に建設産業が地域に優しく、人を大切に、安全で明るくあたたかく若者に夢とロマンにあふれる業界を目指し、建設活動を通じ地域社会に貢献する建設産業であるとともに、業界が正しい理解と評価を得るため、積極的に活動を行うことを目的とする。 

東北建設業青年会組織図

東北建設業青年会組織図

歴代東北建設業青年会会長

会長名 在職期間 選出協会名
菅 野 日出喜 平成 8年6月14日~平成 9年6月13日 福島県
菅 原 広 二 平成 9年6月13日~平成10年6月 5日 秋田県
向井田   岳 平成10年6月 5日~平成11年6月18日 岩手県
向井田   岳 平成11年6月18日~平成12年6月 7日 岩手県
中野渡   悟 平成12年6月 7日~平成13年6月27日 青森県
矢 萩 一 志 平成13年6月27日~平成14年6月13日 山形県
浅 沼 秀 俊 平成14年6月13日~平成15年6月11日 福島県
只 野 佳 旦 平成15年6月11日~平成16年6月18日 宮城県
大 坂 憲 一 平成16年6月18日~平成17年6月15日 青森県
太 田 政 往 平成17年6月15日~平成18年6月20日 山形県
深 松   努 平成18年6月20日~平成19年6月14日 宮城県
平 野 久 貴 平成19年6月14日~平成20年6月10日 秋田県
大 沼 武 彦 平成20年6月10日~平成21年6月23日 秋田県
冨 田 名 重 平成21年6月23日~平成22年6月 4日 青森県
菊 地 一 樹 平成22年6月 4日~平成23年6月10日 福島県
舩 山 克 也 平成23年6月10日~平成24年6月20日 宮城県
須 田 光 宏 平成24年6月20日~平成25年6月12日 岩手県
大 山 圭 介 平成25年6月12日~平成26年6月17日 山形県
今   俊 順 平成26年6月17日~平成27年6月 7日 青森県
吉 田 昌 平 平成27年6月 7日~平成28年7月12日 秋田県
後 藤 吉 伸 平成28年7月12日~平成29年7月21日 山形県
佐々木  信 行 平成29年7月21日~平成30年6月25日 岩手県
渡 辺 大 輔 平成30年6月25日~令和元年7月22日 福島県
遠 藤 康 之 令和元年7月22日~令和2年7月31日 宮城県
清 水 隆 成 令和2年7月31日~令和4年7月29日 秋田県
ガーディナー司子 令和4年7月29日~     現在に至る 青森県

令和4年度東北建設業青年会役員

会長 ガーディナー司子 青森
顧問 遠藤康之 宮城
顧問・副会長 清水隆成 秋田
副会長 千葉智充 岩手
副会長 佐藤 敦 宮城
副会長 安達裕真 山形
副会長 近藤健一郎 福島
理事 佐藤陽大 青森
理事 青木健一 岩手
理事 佐藤正幸 宮城
理事 猪股勇樹 秋田
理事 伊藤一壽 山形
理事 野地大輔 福島
監事 柴田 充 宮城
監事 西田文仁 青森
監事 衣袋修喜 山形

令和4年度事業計画

 当会は安全で良質な社会資本整備の担い手として、自信と誇りを持ち、ハード・ソフト両面のたゆまぬ自助努力を重ね、「水と緑と安全」をモットーに自然との共生を地域住民とともに考えながら豊かな自然環境の創造を目指すものある。
東北は一つの基本理念のもと、「前進!飛翔!新東北!」を合言葉に積極的な活動を行うこととする。
東日本大震災から11年が経過し、復興係数等の継続が認められる等、復旧・復興の完遂に向けて官民の総力を挙げ邁進しているところである。
近年、気候変動の影響等により大規模な自然災害が頻発し、昨年7月に静岡県熱海市で土砂災害が発生したほか、8月の大雨や年末から2月にかけての豪雪等により多くの人命や貴重な財産が失われた。加えて、年末には東北地方で発生した鳥インフルエンザや豚熱に家畜伝染病に関する防疫対策協定に基づく対応に追われた。
 東北地方は全国に比して人口減や高齢化の傾向が顕著であり、建設業の担い手不足が深刻化しているが、コロナ禍においても、建設業は、建設現場において従来に増して感染症対策を行いエッセンシャルワーカーとして事業継続に努めなければならない。また、新型コロナウイルス感染症は感染力の強い新たな変異株により再び感染が広がり、依然その収束が見通せない中経済や雇用のみならず、生活様式や働き方改革の有様等、幅広い分野において深刻な影響を及ぼしている。
 一方、令和3年度からは、「防災・減災、国土強靭化のための5ヵ年加速化対策」として5年間で概ね15兆円が措置され、実施機関や予算規模、事業範囲が大幅に拡充されており、国民が安全・安心に暮らしていける持続可能な社会づくり予算として大いに期待するものである。
 建設業が、将来にわたって危機管理産業としての大きな社会的責任を果たしていくためには、経営基盤を強化し、経営の安定化を図ることが最も重要であり、安定的かつ持続的な事業量の確保が必要不可欠である。
 また、戦略的広報については、インフラや建設業の重要性、建設技術者の任務が正しく評価され、建設業への入職促進につながる好循環の気運を醸成することが重要であり、積極的な広報活動を展開する。
 更に、生産年齢人口が減少する中、働き方改革関連法による建設業への時間外労働の罰則付き上限規制の導入を2年後に控え、働き方改革の着実な進展に向けた取り組みが喫緊の課題となっている。
 地域建設業としても、若年労働力の確保、労働者の雇用安定等の問題解決に向けて、建設労働者の社会的地位の確立と適正な賃金体系の確立、必要な技能労働者の確保・育成・定着を推進する。このため建設業で働く人の収入増を図ることが大切であり、設計労務単価・調査基準価格の見直し等さらなる引上げが必要である。
 東北地方整備局においては、「働き方改革」と「生産性向上」の推進、「担い手の確保・育成」を柱に「東北復興働き方・人づくり改革プロジェクト」を進化させ市町村へ拡大するなど東北全体で推進する方針であり、青年会としても、インフラ分野でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速させる国の方針の下、ICT(情報通信技術)を積極的に活用することで建設現場の生産性向上を目指すため、「i一Construction勉強会」において積極的な意見交換を行い、地域建設業における、「BIM /CIM」等の建設業関係ICT化の動向に関する情報収集を行うこととする。
 建設業が、将来にわたって危機管理産業としての大きな社会的責任を果たしていくためには、経営基盤を強化し、経営の安定化を図ることが最も重要であり、安定的かつ持続的な事業量の確保が必要不可欠である。安定的な公共事業予算の確保ついては、全国建設青年会議等の場で議論することとする。
 経済性だけを重視するのではなく、社会の持続可能な発展のために社会的責任を果たすことが企業に強く求められている。このため、法令遵守はもとより、安全対策、環境対策等、社会から求められているニーズに的確に対応すべくコンプライアンスの徹底を柱とした社会的責任(CSR)の推進を強化すると共に、災害対応に向けた会員企業の体制確立が重要である。また、戦略的広報については、インフラや建設業の重要性、建設技術者の任務が正しく評価され、建設業への入職促進につながる好循環の醸成を構築することが重要である。今を好機と捉え、積極的な広報活動を展開する。
 東北工業大学学生との意見交換会・就活ゼミの講師等継続的な事業を展開する。「技術者物語」については、継続的に「編集委員会」で検討をすることとする。
 また、会の目的である「建設活動を通じて地域社会に貢献する建設産業」を目指し、引き続き、「子供110番パトロール」を展開していく。
 東北建設業協会連合会の事業にも参画するとともに、全国建設業青年会のネットワークを活用し情報共有し、行動力を以て積極的な活動を展開こととする。
 令和3年度は、東北が一丸となり6県共通の課題について次の事業に重点を置き積極的に取り組むこととする。

重点事項

  1. (1) 働き方改革と生産性向上に向けた対応について
  2. (2) 若者の入職促進に資する諸活動
  3. (3) 「技術者物語」編集委員会の継続
  4. (4) 建設業の社会貢献活動とイメージアップ等理解促進活動
  5. (5) 会員企業におけるコンプライアンスの周知・徹底と企業の社会的責任(CSR)への対応
       並びに事業継続計画(BCP)への対応
  6. (6) 各県青年会(部)の共通した諸問題についての調査研究・情報交換
  7. (7) 各県青年会(部)の主催イベント等への協力・支援
  8. (8) 東北地方整備局等・関係諸団体・マスコミ等との懇談会
  9. (9) 東北建設業協会連合会の事業に対する参画・協力
  10. (10) 全国建設業青年会議等への参加・協力
  11. (11) 其の他本会の目的を達成するために必要な事業
技術者物語 vol.1
技術者物語 vol.2
技術者物語 vol.3
技術者物語 vol.4
技術者物語 vol.5
技術者物語 vol.6
技術者物語 vol.7