東北建設業協会連合会

東北建設業青年会

目的

本会は、第1条に規定する各県青年会(部)会員相互の親睦と課題の情報交換の場として、常に建設産業が地域に優しく、人を大切に、安全で明るくあたたかく若者に夢とロマンにあふれる業界を目指し、建設活動を通じ地域社会に貢献する建設産業であるとともに、業界が正しい理解と評価を得るため、積極的に活動を行うことを目的とする。 

東北建設業青年会組織図

東北建設業青年会組織図

歴代東北建設業青年会会長

会長名 在職期間 選出協会名
菅 野 日出喜 平成 8年6月14日~平成 9年6月13日 福島県
菅 原 広 二 平成 9年6月13日~平成10年6月 5日 秋田県
向井田   岳 平成10年6月 5日~平成11年6月18日 岩手県
向井田   岳 平成11年6月18日~平成12年6月 7日 岩手県
中野渡   悟 平成12年6月 7日~平成13年6月27日 青森県
矢 萩 一 志 平成13年6月27日~平成14年6月13日 山形県
浅 沼 秀 俊 平成14年6月13日~平成15年6月11日 福島県
只 野 佳 旦 平成15年6月11日~平成16年6月18日 宮城県
大 坂 憲 一 平成16年6月18日~平成17年6月15日 青森県
太 田 政 往 平成17年6月15日~平成18年6月20日 山形県
深 松   努 平成18年6月20日~平成19年6月14日 宮城県
平 野 久 貴 平成19年6月14日~平成20年6月10日 秋田県
大 沼 武 彦 平成20年6月10日~平成21年6月23日 秋田県
冨 田 名 重 平成21年6月23日~平成22年6月 4日 青森県
菊 地 一 樹 平成22年6月 4日~平成23年6月10日 福島県
舩 山 克 也 平成23年6月10日~平成24年6月20日 宮城県
須 田 光 宏 平成24年6月20日~平成25年6月12日 岩手県
大 山 圭 介 平成25年6月12日~平成26年6月17日 山形県
今   俊 順 平成26年6月18日~平成27年6月 7日 青森県
吉 田 昌 平 平成27年6月 8日~平成28年7月12日 秋田県
後 藤 吉 伸 平成28年7月12日~     現在に至る 山形県

平成28年度東北建設業青年会役員

会長 後藤 吉伸 山形
顧問 今  俊順 青森
顧問・副会長 吉田 昌平 秋田
副会長 桜庭  仁 青森
佐々木 和久 岩手
栗村 英樹 宮城
野地 武之 福島
理事 佐藤 陽大 青森
青木 健一 岩手
遠藤 康之 宮城
清水 隆成 秋田
我妻 弘一 山形
庄司 岳洋 福島
監事 佐々木 栄紀 宮城
佐藤 伸也 山形

平成28年度事業計画

当会は安全で良質な社会資本整備の担い手として、自信と誇りを持ち、ハード・ソフト両面のたゆまぬ自助努力を重ね、「水と緑と安全」をモットーに自然との共生を地域住民とともに考えながら豊かな自然環境の創造を目指すものある。

平成8年6月に設立し、今年度で設立20周年を迎えることとなる。諸先輩のご尽力により、東北6県の親睦はもとより主に広報活動や6県共通の諸課題について鋭意検討し成果を出してきたところである。20周年記念として、歴代会長よりメッセージを頂戴し、就任当時のご苦労話や時代背景等を交えながら取りまとめ、ホームページに掲載することとする。

さて、東日本大震災より5年が経過し、「復興・創生期間」に移行する本年度は、今後5年間を見据えた非常に重要な年となる。

震災からの復旧・復興事業の円滑な推進に向けて、関係機関が一堂に会して現状課題などを情報共有する第6回「復興加速化会議」においては、施工確保の一環として2014年2月から被災3県の土木工事に適用している「復興係数」を16年度も継続適用するほか、新たな対策としてICT(情報通信技術)を積極的に活用することで建設現場の生産性向上を目指す「i一Construction」を先進的に取り組むことが示された。

このように画期的な対応策が講じられているところであるが、新たな諸問題については、今後も現場の実情に即した対応策を連合会と連携し提言していくこととする。

震災後も全国的に激甚化する集中豪雨や大雨、台風、竜巻、豪雪、地震、火山噴火等の自然災害が頻発する中、「国土強靭化基本法」や、「国土のグランドデザイン2050」が策定されるなど、中長期的な国土ビジョンに基づき公共事業予算が安定的・持続的に確保されるものと期待するところである。

また、現在および将来の品質確保とその担い手の中長期的な育成・確保を目的に「企業の適正な利潤確保」を受発注者責務として明確化した、いわゆる「担い手3法」の基本理念を実現するため、入札・契約制度の諸問題に関する検討を行い、入札・契約制度の適正化の推進について調査・研究を行うこととする。特に、「公共調達」に関する勉強会を企画し、「技術と経営に優れた企業」の持続的発展と適正な利潤を確保し健全な企業経営が維持できる制度改革を模索するとともに建設労働者の社会的地位の確立と適正な賃金体系の確立等、社会保険等への加入促進等について調査研究し、東北地方整備局との意見交換や関係諸団体等との懇談等あらゆる機会を捉え関係各方面に提案していくこととする。 

建設業を取り巻く環境は、スピード感のある諸施策により、建設産業再生に向けての機運が高まっているところである。

我々建設業界は、国民の安全・安心を確保する強靭な国土を実現するため、全力を挙げて迅速かつ円滑な公共事業の施工に確保に努めなければならない。

このため、社会資本整備の担い手である青年会は、今を機に災害に強い社会資本整備の必要性・重要性を従前にも増して強く訴える理解促進活動を展開することとする。

特に、公共事業・建設業界に対する理解不足によるマスコミ等の批判等に対し、入札契約制度の諸問題を含め、「真の姿」を理解いただく広報活動を積極的に行っていくこととする。特に、東北地方整備局と連合会が共同で行っている「就活ゼミ」の講師を積極的に活用し世代的にも身近な学生等に講演を行うこととする。そのツールとしての「技術者物語」については、ホームページの活用等を検討し、さらに充実した内容を検討する。今後の広報活動については、フェイスブック等も活用しながら工業高校等の学生や国民全般の関心を高め、正しく理解してもらうに魅力ある建設産業を理解してもらい入職促進を図るための活動を行う。少子高齢化により労働力人口が減少する中で、建設業における担い手確保・育成は、喫緊の課題であり、若年労働力の確保、労働者の雇用安定等の問題解決に向けて、建設業における労働需給調整システムの構築、建設労働者の社会的地位の確立と適正な賃金体系の確立、必要な技能労働者の確保・育成・定着を推進する。と同時に国土交通省が掲げる「i一Construction」などの建設現場における生産性向上に資する取り組みについても積極的に対応することとする。

また、会の目的である「建設活動を通じて地域社会に貢献する建設産業」を目指し、引き続き、「子供110番パトロール」を展開していく。このためには、法令遵守はもとより、安全対策、環境対策等、社会から求められているニーズに的確に対応すべくコンプライアンスの徹底を柱とした社会的責任(CSR)の推進を強化するとともに緊急時における事業継続計画(BCP)への対応が不可欠であり検討していくこととする。

東北建設業協会連合会の事業にも参画するとともに、全国建設業青年会のネットワークを活用し情報共有し、行動力を以て積極的な活動を展開こととする。

なお、全国建設青年会議は中部ブロックが幹事となり東京で開催予定であり、支援・協力することとする。

平成28年度は、東北が一丸となり「がんばろう!東北」を合言葉に復興の加速化と合わせて6県共通の課題について次の事業に重点を置き積極的に取り組むこととする。

重点事項

  1. (1) 東日本大震災に対する復旧・復興の推進について
  2. (2) 若者の入職促進に資する諸活動
  3. (3) 「技術者物語」編集委員会の継続
  4. (4) 建設業の社会貢献活動とイメージアップ等理解促進活動
  5. (5) 会員企業におけるコンプライアンスの周知・徹底と企業の社会的責任(CSR)への対応並びに事業継続計画(BCP)への対応
  6. (6) 各県青年会(部)の共通した諸問題についての調査研究・情報交換
  7. (7) 各県青年会(部)の主催イベント等への協力・支援
  8. (8) 東北地方整備局等・関係諸団体・マスコミ等との懇談会
  9. (9) 東北建設業協会連合会の事業に対する参画・協力
  10. (10)全国建設業青年会議等への参加・協力
  11. (11)其の他本会の目的を達成するために必要な事業
技術者物語 vol.1 技術者物語 vol.2 技術者物語 vol.3